スズコ、考える。

ぼちぼち働く4児のははです。

こどものこと

「親父の背中を見て育ってくれる、なんてエゴだよなあ」

とあるツイートが流れてきまして。 男性のアカウントっぽかったのでお父さんでしょうか。子どもの水泳教室の付き添いのお母さんたちがボケーっと眺めてるのを「溜まってるメールに返事したり、資料を読んだりとか、時間を有効に使えんのかね、この人たちは。…

結局子だくさんは何が大変なのってこと。

陣痛なうでおなじみの志乃さんから子沢山母としての苦労話を求められまして、あれこれお答えしておりました。詳細はこちら。 子どもを産んで育てる覚悟について、子沢山人気ツイッタラーに「陣痛なうの人」が聞いてみた 子どもを産んで育てる覚悟について、…

職場で叱られて泣いてしまっていた自分と自尊心のこと。

なないおさんの先日のエントリ <a href="http://nanaio.hatenablog.com/entry/2014/12/12/162205" data-mce-href="http://nanaio.hatenablog.com/entry/2014/12/12/162205">お子さんがもしかして発達障害かもという不安からこのブログに来て下さる方々へ - うちの子流~発達障害と生きる</a> お子さんがもしかして発達障害かもという不安からこのブログに来て下さる方々へ - うちの子流~発達障害と生き…

こどもの「爪噛み」とストレスの関係。

職場でラジオがついてまして、余裕の有るときは作業中もその音声が耳に入ってきます。 今朝はNHK第一ラジオが流れていて、今日はダイヤモンドユカイさんの日。 子育て相談のある日だな〜と思って聞いていたら、お悩みは小1の女の子の「爪噛み」のこと。回答…

逢坂みえこさん「プロチチ」を全力で勧めるためだけのエントリです。

随分前から連載されていた漫画なので今更な感は否めないのですが、逢坂みえこさんの漫画「プロチチ」を読みました。 出遅れた理由はと言えばここ数年、本屋にゆっくり行けていないこと、欲しい本だけネットで検索して買うという生活が続いていて色々探して読…

親がダメだと子供がダメになる社会で良いんだろうか。

前にどれかのエントリで、小4長男が学校で問題を抱えているというようなことを書いた記憶があるのですが、彼のクラスはすこし前から学級崩壊と言えるかもしれない環境になっているようです。 今年度赴任して来た担任の先生が問題有りだということは田舎なの…

子どもの失敗。「なんで!?」の前に。

昨日のエントリで、問題が起こった時は過去を振り返るよりまず解決の為に全力を尽くした方がいいのかもという話題について書きました。 育児や夫婦間の問題を長期的に見たときに、引きずられないようあえて過去を振り返らないことでこれからを大事にしていく…

一秒先から向こう側の未来だけを見る。

最近、目の前で起こっていることや自分が渦中にいるトラブルに関して、根本的な原因は何かを考えたり突き止めたりしてなんとかする、ということがそう重要でない事態が多いような気がしています。 もちろん起こっている出来事に関して自分に問題点が無いか等…

おはなしりょうりきょうしつ「こまったさんシリーズ」は昔話なのです。

小さい頃、図書室で何度も繰り返し借りては読んでいた本がありました。 おはなし料理教室「こまったさんのスパゲティ」や「こまったさんのハンバーグ」… 作者は児童文学作家の寺村輝夫さん、シリーズはカレーやラーメンなど子どもが好きなメニューを題材にい…

「おさるのジョージ」に思う、社会で子どもを育てるということ。

以前から、アニメ「おさるのジョージ」の黄色いおじさんスゲー!というのはTwitterのママクラスタで散見されるコメントでした。 「おさるのジョージ」というのはNHKで土曜日の朝に放映されているアニメ。元は洋書の絵本です。(参考;NHKアニメワールド おさ…

ベビーカー論争に潜むものについて考えました。

ベビーカーがまた話題になってましたね。子どもらの通院やらあれこれで数日あたふたしていたので眺めながらもなにも書けずにおりました。 もう旬のトピックも「ノーベル賞」にかわったし、ちょっと出遅れた感もあるのでトピシュさんも仰るようにこのままスル…

親を辛辣に叩くことの無意味さと周りの大人に出来ること。

長崎佐世保の同級生殺害事件の容疑者の父親が自殺したというニュースが流れてきました。そしてそれに追随するように、死んでも被害者やその家族は浮かばれないのに、償いを放棄して逃げた、等の、父親に対する批判がTLに連なっていて。 その一連の流れを見な…

こどもの「妖怪のせいなんだよ」にイラッと来たら。

昨夜、こんなツイートが流れてきました。 妖怪ウォッチが及ぼす被害が確認されました。 pic.twitter.com/q5ZtDISZHX— 電子演算 (@DNS_ENZN) 2014, 9月 23 やっぱり出て来たねえという感じの「妖怪ウォッチによる被害」だそうです。別に私もあのアニメの全て…

「謝罪」と「反省」 〜昨日のつづき。

昨日のエントリが思った以上の反響を呼んでいてちょっとビックリしています。 ミスリードを引き起こしてしまった要素はやはりタイトルなんだろうなと。そして内容のなかで「謝る」ことと「反省させる」ことを明確に線引きして書いていなかったことが敗因だっ…

子どもに「謝りなさい!」と言っていませんか?

週末、子どもたちを連れての小旅行の途中、大きな遊具のある広い公園に立ち寄りました。遊具のそばには草すべりができる広い土手があって、遊具に飽きた息子たちは車に積んでいた段ボールを持ち出して土手を登って行きます。 かなり幅広の土手なのに、うちの…

「妖怪のせい」で良いんです。

普段使ってるPCが突然壊れるという事態に見舞われまして、これは妖怪の仕業に違いないと思いつつなんとか頑張って立て直しまして。「妖怪の仕業」これ、最近子ども達の周りで頻繁に耳にする言葉です。 元ネタになっているのは、アニメやゲームで子ども達が親…

結局「フル稼働」がダメなんじゃないかと思ったこと。

以前のエントリ <a href="http://suminotiger.hatenadiary.jp/entry/2014/08/26/173806" data-mce-href="http://suminotiger.hatenadiary.jp/entry/2014/08/26/173806">夫婦だけで育児なんかやっぱり無理ゲーでしたごめんなさい。 - スズコ、考える。</a> 夫婦だけで育児なんかやっぱり無理ゲーでしたごめんなさい。 - スズコ、考える。 になんかたくさんのブコメやコメントを頂きまして、また色々と考えるきっかけ…

絵本「3びきのくま」を通して。  大人になった私の目線と、小さい私の見ていたもの。

夏休みのある日、実家を訪れたときに母の部屋の片隅の本棚に、私が小さい頃好きだった絵本が少し残って並んでいました。その中にあったのがこの本。 ロシアの文豪、トルストイの書いた「3びきのくま」です。 懐かしさで手に取りました。小さい頃この本が大…

家の電話番号を知らない小学生、の話。

先日、とある出来事からうちの小4長男が自宅の電話番号を知らないということが分かる、というちょっとした事件が起こりました。 いや全然事件でも何でもないんですが。 長男は親がいない外出先でよその大人に 「小4にもなって家の電話番号も知らないなんて…

息子に教えた「読書感想文」の書き方のこと。

25日が始業式だったので、我が家はちょっとはやめの夏の終りを感じております。 1日から学校のところも多いのかな、TLには夏休みの宿題に苦悶するお子さんの様子のツイートがちらほら。 小4息子も今年は去年から突然グレードが上がったのか、難易度の高い…

夫婦だけで育児なんかやっぱり無理ゲーでしたごめんなさい。

今日は、昨夜とても反省したことを書きます。 AERA最新号のこの特集 家事中に救急車で運ばれ…男性が語るイクメンの今 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版 のトピックのなかに「大黒柱のままの両立は無理ゲー」って言葉がありまして、それに対して私、こんな…

「母性」「母性本能」って結局なんなんだろう。

マメ子さんの 「子育てはできて当たり前」その思い込みから母親を解放してあげて | わたし働く、子は育つ を読みながら、モヤモヤしたものを感じていました。 「母性」「母性本能」って結局何なんだろう。あるとか無いとか、どういうことなんだろう、という…

「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」と問われたら。

ポンコつっこちゃんのエントリ 子供の「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」という問いかけに大人はどう答えれば良いのだろうか - 心がよろけそうなときに読むポンコツ日記 を拝見して、ちょうどその日に小4長男とそのことを話していたのでこれはまとめておき…

使い古されないギャグとアホ息子の親密な関係。

夏休み。 家に子どもがいるわずらわしさは感じつつ毎日毎日宿題や提出物や担任からの電話におわれず心なしかホッとしているのは、アホ男子を持つ母あるあるでしょうか。 そんなアホ息子たちを育てていて出会う、「デジャヴか!?」という現象。 小学校から帰…

19時に外で子どもが遊ぶって話から色々考えたこと。

ほう太パパさんのエントリ 団地の公園で19:00になっても遊んでいる子どもと談笑しているお母さんに関する推理。 - ほう太パパの七転び八起き ブコメはやや荒れ気味ですが、とりあえず純粋にほう太さんの疑問に答えるべく考えてみました。 我が家のケー…

おたまじゃくしの餌をどうやって調べるか、という問題。

待ち焦がれた金曜日の夜、と言っても夏休みなのであまり特別感はありませんが。すっかり夏ですね。 同志の皆様のお宅にもカサカサして足でうっかり踏むと粉々になるアレとか、赤くて鋭利なハサミを2つ持つアレとか、角が1本か2本くらいあって黒光りするア…

読書感想画の、忘れられない思い出。

小学生のこどもたち3人がそれぞれどっさり夏休みの宿題を持って帰ってきた。 ドリル、プリント、書写、漢字の書き取りに読書感想文、読書感想画…。 読書感想画には、忘れられない記憶がある。 6年生の頃。 私が選んだのは東京大空襲で被災した少女を描いた…

理解してもらえなくて辛い「育児当事者」という存在。

こんな記事を読みました。 http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20140602ddlk04100127000c.html 仕事と子育て:娘は大切、仕事も必要 「保活」3回繰り返した31歳女性記者 当事者しか理解できない面も…実感 /宮城 毎日新聞 2014年06月02日 地方版 娘が1…

「コントロールしたい欲」について考える。

九州は大雨、子どもたちの下校はいつもより早めに引率下校になると連絡がはいりました。 これから四国も大雨になるとのこと。ニュースを眺めながら渇水の心配をされていたさっこさんのことをぼんやりと思ったり。 さて。そのさっこさんの先日のエントリ 小学…

吐いた言葉と吐かれた言葉の重さが違うという、自分の中の矛盾について。

ほう太パパさんの一昨日のエントリ イクメンの疲れが倍増する妻の言動 - ほう太パパの七転び八起き を受けて、いろんな方が育児に関る夫婦間の問題について言及されていてとても興味深く読ませていただいています。 今日は、今朝流れてきたこの匿名ダイアリ…

忘れないよう管理する親にはならないはずだったのに。

TLに、忘れ物のことを聞けるようママ友を作るって聞いたけど小学生の忘れ物は自己責任ではないのか、というツイートが流れてきました。 うん、それ私も子どもたちが小学生になるまでそう思ってた。 自分でできるようにならないといけないから手は出したくな…

幼児用ハーネスが深刻な人権侵害なのかを考えました。

思わぬところで続いてしまった幼児用ハーネス3部作 結局、ハーネスとかどうでもいいんですよ。 - スズコ、考える。 幼児用ハーネス再考。 - スズコ、考える。 の最終回です。というか、もうたぶんみんな色々言い尽くしてる感もあるし私もおなかいっぱいなの…

幼児用ハーネス再考。

昨日のエントリ 結局、ハーネスとかどうでもいいんですよ。 - スズコ、考える。 では、ハーネスという道具そのものではなく言いたくなる人って、ということについて考えました。 それに対してのたくさんのブコメやツイートの中で気になったことが色々とあり…

大人【は・が・の】問題。

今日はおまつりで、子どもたちはおじいちゃんたちと露店を冷やかしにうろうろ。 私はひとりポツンとお留守番で、ゆっくりさせてもらいながらまたあれやこれや考えたりしています。 先日のエントリを書いた後に考えていたことを今日は。 昔読んで衝撃だった本…

こどもたちはなぜ「責め合う」のか。

読み聞かせボランティアに行くようになって、先生のいない教室に入らせてもらうという機会に恵まれました。 子どもたちを静かにするよう促してから読み始めるのですが、そのときに落ち着かない子、何か書いたりしている子、喋っている子などがいると周りの子…

読み聞かせボランティアに行ってきました。

息子たちの通う小学校には読み聞かせボランティアの団体があって、以前から興味があったので今年度から参加したいと手を挙げてみました。 初めての読み聞かせ その第1回目が今週の月曜日。 娘がいる、1年生の教室で朝の15分間、絵本を持ってお邪魔してきま…

命の重さは同じ? ~アオムシコマユバチとモンシロチョウの幼虫の話

次男の青虫 小2の次男が生活科の授業でモンシロチョウの勉強をしていて、教室で幼虫である青虫を飼いたいからもって行きたいと。それならと近所でキャベツを作っているおばあちゃんから大量の青虫をもらって意気揚々と学校へ持っていきました。 GWの間は…

「とおります、よけてくださ~~~い!」 ~「甘える」と「わがまま」の境界線

GWの最終日、まだ朝早い時間に近所の公園に行くときのこと。 3歳の三男が三輪車に乗って行きたいといいました。 公園はすぐ近く、まだ車や人の通りも少ない時間帯なので、本人の希望通り三輪車を漕がせて、すぐ側をついて歩いて公園へ向かっていました。 …

「甘える練習」 ~長男に教わったこと。

前回の記事の続きとしてボランティアのことに触れたいなと思っていたのですが、今日は先日長男との会話の中で気づいたことを書いてみます。 小4長男と3歳三男と私の3人で買い物に行ったときのことです。 夕方で疲れて少し眠かったらしい三男坊が途中でぐ…

いじめたくなる環境

年度末年度初めでどたばたしていたので久し振りのエントリになりました。 今日は、こないだの週末に息子たちと体験した、いじめについての面白い経験を書いてみようと思います。 風が少し冷たいけどお天気のいい日曜日、息子たちが所属するサッカーチームの…

「体を大事にする」とは~子どもの性教育で忘れられがちなこと

あさイチで子どもの性についての特集があっていたようで、朝からTLがにぎやかでした。私はその番組は見ていないのでそれについてのコメントは出来ないのですが、皆さんのツイートを拝見しながら性教育について日頃から思ってツイートしたことをまとめてお…

図書室のこと、 ~いじめられている君へ、って書けなかった話。

ものすご久しぶりに、私のブログらしいエントリを書こうと思います。 いろいろありまして、エントリを書いたり、止まったままの「話し方聴き方実践」の本を読み進めることも出来ずにいましたが、今日はふと目に留まったさっこさんのエントリ 子供にとって窮…

手作りグッズと母の愛

聴き方話し方実践、その後なかなか試すタイミングが見つからず、成功例も失敗例も得られておりませぬ、すいません。 今日はちょっと違う話。 毎年この時期になるとTLに流れてくる話題があります。それが、園や学校で使う布物を「手作りすること」と「母の愛…

話し方聴き方実践をやってみた。

twitterでフォロワーさんに教えてもらった、「子どもが聴いてくれる話し方と子どもが話してくれる聴き方大全」という本を読み始めました。 この本、一気に読み進める本ではなくて、章立てされていてその章ごとに1週間の実践をやってみて次に進みましょう、…

なんで4人産めたのか考えてみた。

新年あけましておめでとうございます。 相変わらず騒がしい我が家、仕事始めとともにPCに触る暮らしに戻ったので、新年最初のエントリーを書こうと思います。 飛行機だか新幹線だかの中での舌打ち案件が炎上して騒がしいご様子ですが、私はどっちもどっち…

経験の話の続き。

アホ息子たちの経験から得る知識について書いた前回の記事をなんとなく読み返しながら、ふと気がつきました。 オレオレ詐欺に引っかかる高齢者も同じなんだろうなと。 ニュースではたびたび言われてる、新聞にも書いてある、ATMに行けば回りにはポスター…

アホ男児にとっての「経験」

今日は、うちのアホ息子たちのことを。 小2の次男坊が先日の朝、私にすごい笑顔で言いました。 「ねえお母ちゃん!あのね、寒い時はね!走ると寒くなくなるんだよ!」 ……ええと、それは君が幼稚園に通うか通わないかくらいのころから母ちゃんも父ちゃんも何…

私が「息子に家事を仕込む」ことに抵抗を感じた理由。

前回の 息子に家事なんか仕込まないぞ。 - スズコ、考える。 のブックマークが気づいたら200を超えていてビックリしています。 タイトルが悪かったんだよね、夜中の勢いでダーっとかいてつけちゃったのが良くなかった。あれで変なふうに受け取られちゃってち…

息子に家事なんか仕込まないぞ。

イクメンが巷を騒がせております昨今です。 ネット上には家事育児分担を求める妻の声や、イクメンを自称する方のノウハウ等々溢れてるよね。Twitterでもそんな話題はたくさん流れてくる。その中で私がすごく気持ち悪いなって感じるのが、ママさんたちの「家…

癇癪の話〜「ひっくり返って駄々こねる」のはなぜ?

今日は幼児の癇癪のお話。ひっくり返って駄々をこねることについてちょっとまとめたいなと。 きっかけは、次男坊と同じ3歳児を持つフォロワーママさんが 「泣いたらしてもらえると思ってひっくりかえって泣くようになる」とよく言われているけど、(そのマ…

スポンサードリンク