読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズコ、考える。

ぼちぼち働く4児のははです。

ベビーカー論争に思う。


ベビーカー論争がまた勃発してるのかな、あさイチで取り上げられてるみたいでTLもなんかその話題が昨日あたりからちらほら。

 

マナーがなってないとか、ベビーカーを免罪符にして偉そうだとか、いろんなご意見が飛び交ってる。いや実際、私も独身の頃お店の狭い通路にベビーカー何台か置いて商品見ながら喋ってるママさん群にイラっときたことがあるのでお気持ちはわからんでもないのです。そういう経験をしてる方がたくさんいるんだろなと。

 

じゃあそう言う人がマナーを見直せば済みますって話じゃ多分ないんだよね。

私は、問題の本質はそこじゃないと思ってます。ベビーカーはただそのトピックとして表出している部分に過ぎないのではないかなと。目立つし叩きやすいから叩いてるだけでね。

 

多様性、という言葉を耳にするようになって来ました。ダイバーシティとも言うらしい。小難しいことはいろいろ注釈がついてますが、要は「みんなちがってみんないい」という概念なのかなと私は思ってます。

都会では、この多様性に触れる機会が少なくなってないかな、だから他者に対して極度に厳しいんじゃないかな、と思うのです。

 

本当は都会の方がたくさんの人がいるのに、地域や血縁との繋がりが希薄になってしまうとどうしても自分と似たような人の集まるコミュニティにしか接することなく生活することになってしまうと思うのです。私が大阪の都心部で一人暮らしをしていた頃も、自分と近い環境の人としか接点はありませんでした。子育て中の知人なんてほとんどいなかったし、高齢者と話すことも仕事以外なかったような。

 

田舎にいるといろんな接点からいろんなことが見え聞こえします。

どこどこの息子がアル中で大変らしい、どこどこの旦那さんが死んだら借金でどうなった、あそこの奥さんが脳卒中で倒れた、あの婆さんは今はああしてるけど若い頃はこうだった、、そんな、いろんな人の幸も不幸もどんどん耳に入ります。見栄張ることも、その裏側も。

普通に生活しているように見えた人たちがある日突然、親の病気や親戚の犯罪や事故や災害でどん底に突き落とされるさまを見ることもあります。

子育ての大変さも、老老介護の壮絶さも、すぐそこで起こっていて、それが目に見え耳に聞こえ、場合によっては自分も巻き込まれます。

そんなところで暮らしていると、誰かが困っていたらそれは未来の自分や、自分の親、自分の子、そんな気もしたりします。

実体験としても、仕事やいろんな関係で会った人と話していたら両親や祖父母の知り合いで、昔良くしてもらったからとこちらに恩恵があったり、うちの子たちを可愛がってもらったり。逆にお前のオヤジには昔…と先祖のやったことが原因で嫌な目に遭ったという話も。

 

よく、電車での優先席のマナーや妊婦さん、ベビーカーへの思いやり等々の談義のときに、相手のことを思いやること、想像力を働かせて配慮することを求める声を見聞きします。

その度に私は、そんなこと言って改善するわけないじゃん、と思います。

想像力って簡単に言うけど、たいていの人は経験したことのないことに対する耐性なんてほとんどありません。ベビーカー連れの母親や障害者や老人などの社会的弱者に対してイラッとくる経験は多かれ少なかれ誰にでもあると思う。その感情を表に出さずに善意で対応するために必要なのが聖人君子のような崇高な精神だったり、マザーテレサのような見返りを求めない深い愛情だったりする?いやそんなこと言ったら一般人には入り込めない精神世界に飛んでいかないと無理な話。

 

善意で対応するために必要なこと、私は、それは経験だと思っています。自分の体験、周りの人が実際に経験したことを見聞きすること、その情報の蓄積が「明日は我が身」という気持ちや「情けは人のためならず」という教訓となって自分の行動に現れるのではないでしょうか。

 

ベビーカー連れを叩く人の多くは、自分や自分の大切な人がベビーカーを使わざるを得ないような環境で育児をしている人ではないと思うのです。自分がそんな経験をしていたら、自分の大事な人がそんな経験をしていると知っていたら、多分大変さも思いやれるんじゃないかなと。そんな人に怒りの矛先はいかないんじゃないかなと。

 

迷惑をかけるかけられるという相関関係を自分1世代だけで考えると、自分がちゃんとしてればいい、って終わりがちだと思うんだけど、そうじゃないんだよね。

自分がしでかしたことが、自分の大好きな人や自分の大事な子どもに降りかかるかもしれない、自分が吐いたその暴言はいつか自分の親が誰かに言われることかもしれない。

横にも縦にもその相関関係を広げていったら、ちょっとした迷惑なことイラッとすることも、いつか自分の大事な人が誰かに助けてもらえるかもしれないって思えたりしないかなぁ。

 

なんか、終着点決めずにダラダラ書いてたのであんまりまとまりのない感じになりましたがお昼になったのでとりあえず終わり。

スポンサードリンク